居酒屋を利用するときの幹事の心構え

居酒屋を利用するときの幹事の心構え

会社の宴会や仲間内で飲み会などをするときに
居酒屋を使うことがありますよね。

 

居酒屋はリーズナブルでメニューがたくさんありますし、
宴会用のプランやコースもあります。

 

こうした宴会などを行うときには幹事が必要となりますが、
幹事をやったことが無い人は色々と大変です。

 

そこで居酒屋の宴会で幹事をするときの
心構えを知っておきましょう。

 

まずは宴会を行う日時と場所を決めなければいけません。
ある程度、希望を聞いても良いのですが、
全ての人に聞いていては話がまとまりませんので、
一部の人に聞いたら最後は自分で決めましょう。

 

日時と場所が決まったら座る場所を決めますが、
幹事が座る席は店員さんが呼びやすくて入口に近い席が良いです。

 

宴会が始まったら周囲に目を配りながら、
みんなより少し遅れて食べたり飲んだりし始めます。

 

ゲームを用意しておくと良いのですが、
用意できなかったときは誰かに一発芸などで盛り上げてもらうと良いでしょう。

 

宴会を始める前の挨拶を上司や同僚に頼んでおくと少し楽になります。

 

また幹事は飲み過ぎてはいけません。
会計のときに支払いが合わなくなることがありますし、
二次会に行くことになったら大変だからです。

 

そして幹事役を成功させる1番の心構えは自分を犠牲にすることです。
みんなが楽しめるために自分をどれだけ犠牲にできるかが肝心なのです。

 

大人数の宴会を一人で仕切るのは大変なので
協力者を探しておくと良いでしょう。

 

それと宴会を行う居酒屋を予め
目で見て下調べしておくことも重要です。